口内を清潔に保つ

あなたは朝食を食べる前に歯を磨いていますか?睡眠後の口の中は細菌が大量に繁殖しています。そのような状態でものを食べると、当然胃にも細菌がなだれ込みます。多くの場合、口の中の細菌が胃に入っても胃酸によって死滅するので、健康上問題無いとされています。ただ、胃酸で死滅しない細菌がいたらどうでしょうか。また、口の中の細菌が肺に入った場合は、肺炎や感染症にかかる危険があります。

若々しさを保つために、ものを食べる歯というのは非常に大切です。いつまでも綺麗な歯でいられるように、起床後、食事後、睡眠前には歯を磨く習慣をつけましょう。

口臭のほとんどが舌の汚れ

会話中に相手の口が臭かったら嫌ですよね。「自分の口臭は大丈夫かな」と気になってしまうと会話にも集中できません。

口臭のほとんどは、舌についている食べかすが口の中の細菌で分解されて発生しています。

歯を磨くときは舌の汚れも取り除く必要がありますが、硬い歯ブラシで舌を磨くと、舌を痛めたり出血したりしますので、舌を磨くには柔らかい歯ブラシか舌用のブラシを使用しましょう。

→口臭撃退マニュアル

口呼吸を避ける

深い呼吸をする」のページでも書きましたが、口呼吸をすると口の中が乾燥してしまい口臭や虫歯、歯周病などの原因となります。

運動した時などは、酸素を多く必要としていますので口呼吸で良いのですが、普段の生活では鼻呼吸を心がけましょう。

魅力的な口元

唇は色気を出すのに効果的な部分です。男性は女性の唇の動きや色合いなどに、かなりの確率で反応することがわかっています。

そんな魅力的な唇でも、歯が汚れていたら魅力は半減し男性も冷めてしまいます。男性が夢中になるような唇を目指すためにも、綺麗な歯、綺麗な口元を心がけましょう。



レディホワイト体験談 Youtube動画
メニュー
関連サイト