学習心理学

学習とは、ヒトを含む動物が経験を通して行動を変容させていく過程であり、学習心理学ではすべての生物におけるすべての学習タイプと学習行動を研究対象とする。

学習心理学は一般法則を探求する基礎心理学の一体系であり、応用心理学に位置づけられる教育心理学とは異なる。

学習における研究は時代的背景もあり行動的アプローチがとられることが多かったが、1960年代以降は認知心理学の発展により認知的アプローチもとられるようになった。また、近年では神経科学からの研究も活発化している。

学習研究の方法

生得的行動パターン

古典的条件づけ

オペラント条件づけ

社会的学習

運動技能

記憶


その他