コミュニケーション手段

言語的コミュニケーション

会話は送り手と受け手の共同作業であるため、コミュニケーションのルールが理解され共有されている必要がある。このコミュニケーション・ルールについては言語哲学者のグライスが、会話の格率の存在を指摘している。


非言語的コミュニケーション

人間のコミュニケーションは言語を使用したものだけでなく、他の動物と同じように、非言語的なコミュニケーションも行っている。

受け手へのチューニング

育った環境や、所属する集団内では、共通の知識や暗黙の了解ともいえるルールが存在する。このような共通の基盤を持たない他者との会話には、細部にまで言及した丁寧な伝達、描写が行われることがある。これを受け手へのチューニングと呼ぶ。


社会心理学カテゴリー
集団