接触仮説

集団間の偏見や差別は相手集団に対する無知から生まれるので、集団間の接触回数を増やせば偏見はなくなるという考え方を接触仮説と呼ぶ。接触仮説が成り立つためには以下のような条件が必要であるとされている。


サブタイプ化

接触する相手がステレオタイプに反する特徴を持っていたとしても、その相手が例外的であると認識されれば、集団全体のステレオタイプが解消されることはない。このような例外化をサブタイプ化と呼ぶ。

拡張接触効果

内集団に、仲の良い外集団の知り合いを持つものがいる、ということを知るだけで、その外集団に好印象を持つことがある。このような間接的な接触効果を拡張接触効果と呼ぶ。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
集団
トップメニュー
物理学