集団凝集性

個人を集団に留まらせるように働く力のことを集団凝集性と呼ぶ。集団凝集性の高い集団は、団結力が高くお互いが協力し合う傾向が強く、目標達成に向けてプラスに働くことが多い。ただし、過度に集団凝集性が高いと、内部統制がおろそかになったり、自分を集団の一員として見る、集団同一視の傾向が強くなり、自分の集団に対してひいきする傾向がある。

集団凝集性には対人的凝集性と課題達成的凝集性がある。対人的凝集性は、集団内の人間がお互いに好意を持つことにより生じる集団の魅力で、課題達成的凝集性は、その集団に所属することで自分の目標を達成できることにより生じる集団の魅力である。


社会心理学カテゴリー
集団