集団とは

集団とは、複数の人々からなる社会的なまとまりのことで、会社や学校などの組織化された集団や、同じ趣味を持つ人が集まった集団など、その形態はさまざまであるが、共通しているのは相互作用と相互依存関係が主になっていることである。一般的には下記条件のいくつかにあてはまる、二人以上の集まりを集団といえる。


集団のつくられ方

集団のつくられ方には、計画的形成、外部的規定での形成、自発的形成の三つの種類がある。

計画的形成

計画的形成による集団とは、何らかの社会的目標を達成するためにつくられた集団で、計画的にそれぞれの地位や役割が与えられる。このような集団はフォーマルグループと呼ばれる。

外部規定での形成

外部規定での形成による集団とは、年齢や職業、宗教など、同じような特徴を持った人々が、まとまってできた集団である。

自発的形成

自発的形成による集団とは、お互いが一緒にいることで満足を得られるという期待をして集まった集団である。友人や同じ趣味を持つ人々が集まってできた集団は自発的形成による集団である。このような集団はインフォーマルグループと呼ばれる。

集団に所属する理由

人が集団に所属するのは下記の五つの理由があると考えられている。

社会的影響

人が社会生活を送る中で相手に対し、態度や行動、信念などに影響を与えること、又は相手から影響を与えられることを社会的影響と呼ぶ。

内集団と外集団

社会心理学では、自分の所属する集団を内集団と呼び、それ以外の集団を外集団と呼ぶ。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
集団
トップメニュー
物理学