錯誤相関

記憶に浮かびやすい出来事などは、実際よりも頻繁に起こっていると錯覚されやすい。少数派などの集団が少しでも通常と異なる行動を示すと、その集団内のすべての人が同様の行動をとると認識されてしまう現象を錯誤相関と呼ぶ。この錯覚は利用可能性ヒューリスティックに基づくステレオタイプである。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
集団
トップメニュー
物理学