情動と気分

明確な原因によって引き起こされる強い感情を情動と呼ぶ。情動の持続時間は一般的には短時間である。情動に対し弱い感情を気分と呼ぶ。弱い感情は必ずしも意識できるとは限らず、原因が明確でない場合もある。情動はもちろん、気分も私達に大きな影響を与える。気分は必ずしも意識されるとは限らないが、情報処理過程に直接影響してくる。私達にはその影響過程は意識されにくいが、頭に浮かぶイメージや記憶などに影響してくる。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
個人
トップメニュー
物理学