気分による情報処理の違い

人間はその時の気分によって情報処理や思考のスタイルが異なる。ポジティブな気分のときには、既存の知識に依存した情報処理や思考を行いやすく、ネガティブな気分のときには、個々の情報に着目した分析的な情報処理や思考を行いやすくなる。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
個人
その他