ステレオタイプ

集団やカテゴリーに属する人たちに対して、人々が持っているイメージなどのことをステレオタイプと呼ぶ。ステレオタイプには肯定的なものから偏見や差別につながる否定的な内容のものも多い。ステレオタイプが存在する集団やカテゴリーに属する他者に接したときに、ステレオタイプは活性化する。

ステレオタイプの適用の有無は、認知資源の有無とステレオタイプの適用を避けようとする動機が関係していると考えられている。一般的に、判断対象となっている他者の情報が少ない場合にステレオタイプが用いられやすい。ステレオタイプを適用しやすい人と適用しにくい人では、認知資源が大きく関係していると考えられている。

ステレオタイプの形成・維持・変容などについてはステレオタイプ | 認知心理学を参照。


リバウンド効果

ステレオタイプの適用を回避し抑制し続けると、逆にステレオタイプ的な反応が大きくなってしまうことがある。これをリバウンド効果と呼ぶ。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
個人
トップメニュー
物理学