連合ネットワーク

人間の記憶には膨大な情報が蓄えられているが、これらは関連のあるもの同士がネットワーク状になっていると考えられている。各情報を結び付けている要素をリンクと呼び、個々の情報をノードと呼ぶ。ある情報が呼び出されたとき、その情報と関連する情報は記憶の中で取り出されやすい状態になっている。情報が取り出された状態や、取り出されやすい状態のことを知識の活性化と呼ぶ。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
個人
その他