群集とは

集団のように、はっきりとした組織がなく、全体の統制が取られていない人々の集まりを群集と呼ぶ。群集は能動的な乱集と、受動的な聴衆に分けられる。


群集心理

群集では集団のように役割が与えられていないため、責任感や義務感に縛られることがなく、自分の正体が知られていないことから、何をしても構わないという心理状態になる。これを群集心理と呼ぶ。

群集心理の特徴

防衛的な乱集行動

社会心理学ではパニック状態を防衛的な乱集行動と呼ぶ。

群集と援助行動

群集の中では責任の拡散が生じ、援助行動を抑制する。ただし、親しい友人と二人の場合は援助行動を起こすまでの時間は短くなるといわれている。


社会心理学カテゴリー
社会