沈黙の螺旋理論

多数派と認識される世論が形成され、少数派であると認識する人々が、同調を求める社会的な圧力により、孤立することを恐れて沈黙を余儀なくされる過程を示したものを、沈黙の螺旋理論呼ぶ。ノエル−ノイマンによって提唱された理論である。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
社会
トップメニュー
物理学