社会的アイデンティティ理論

自分と自分の所属集団を同一化し、自分自身を集団の一部として自覚し行動することを社会的アイデンティティと呼び、社会的アイデンティティを自己の属性の一つとして認識する過程に着目したものを社会的アイデンティティ理論と呼ぶ。

集団に所属していることに恥ずかしさや自己嫌悪を感じる様な、ネガティブなアイデンティティを持つと、所属集団の地位向上を試みることや、集団から離脱しようとする。


参考書籍
おすすめの実用書
関連コンテンツ
社会心理学カテゴリー
集団
トップメニュー
物理学