反証可能性

科学と非科学を区別するただ一つの基準というのは、今のところなさそうである。いくつかの基準を組み合わせて、科学かどうかを区別しているため、人によって意見がわかれることもある。

そんな中、科学者に広く受け入れられている基準として、カール・ポパーの反証可能性がある。反証可能性とは、ある仮説が実験や観察によって、反証される可能性があるかどうかである。つまり、反証する方法がない仮説は、科学ではないとしている。

例えば、ある仮説が正しいかどうかを検証するために1万回の実験を行い、そのすべてが仮説通りの結果が得られたとしても、1万1回目以降も同様の結果が得られるとは限らない。1回でも仮説とは違う結果が得られれば、その仮説は反証されることになる。つまり、反証する可能性が残されているので科学であるといえる。

反証することが出来ない仮説のひとつとして死後の世界がある。現時点では実験によって検証することが出来ず、将来においてもその方法を見出すことは出来そうにない。さらに理論的な基礎もないので、演繹的に導き出すことも出来ない。カール・ポパーの反証可能性に従えば、死後の世界を論ずることは科学ではないといえる。