マイノリティ・インフルエンス

歴史を振り返ると、圧倒的な多数者に対して少数意見が形勢を逆転させるという事実がある。このように少数者が多数者に影響を与えることをマイノリティ・インフルエンスと呼ぶ。一般的に少数意見が影響力を持つ場合は、少数者全員の意見が一致していることと、少数者が頑固で独断的ではない場合である。また、社会的な背景が少数意見に影響力を持たせる場合もある。

ホランダーの方略

過去に、その集団に対し大きく貢献したメンバーが少数者になった場合、多数者に対して影響を与える可能性がある。

モスコビッチの方略

少数者が一貫性を持って意見を述べ続けることで、多数者に影響を与える可能性がある。


社会心理学カテゴリー
集団