外集団均質性効果

内集団の成員に対しては多様性や複雑性を認知するが、外集団の成員に対してはお互いが類似しているように知覚する現象を外集団均質性効果と呼ぶ。人の認知システムは効率よく情報を処理できるように、似ているものを分類しカテゴリー化されている。そのため未知のものについても、類似しているものと情報を結び付けることによって、ある程度の推測をすることが出来る。しかし、集団が一つのカテゴリーとして分類されやすく、そのカテゴリー情報と結び付けられるため、このような現象が起こりやすい。


参考書籍
おすすめの実用書
関連コンテンツ
社会心理学カテゴリー
集団
トップメニュー
物理学