ヒューリスティック

問題を解決する際、簡略化された推論、判断方法を用いて結論に達する方法をヒューリスティックと呼ぶ。人間が意思決定をする際、全ての情報を用いて十分に吟味し、正確さを目指すのではなく、限られた情報の中で判断が行われることが多い。これは必ずしも最適な結論に達するわけではないが、経験によって判断されるため、結論に至る時間が短いというメリットがある。しかし人によってある一定の偏りが生じてしまうことが多い。

類似ページ:ヒューリスティックス | 認知心理学


代表性ヒューリスティック

対象が、あるカテゴリーに属する可能性が高いかどうかを判断に用いる方法。

利用可能性ヒューリスティック

対象が現れる頻度、又は珍しさの判断に用いられる方法。

再認ヒューリスティック

対象を見たことがある、又は感じたことがある、という感覚を用いた方法。


参考書籍
おすすめの実用書
社会心理学カテゴリー
個人
その他