恋は麻薬

恋愛の初期の頃にはドキドキ感や緊張感がつきもの。このドキドキ感は、麻薬に含まれる成分と似た効果を持つフェニルエチルアミンが分泌されているためであると考えられている。このフェニルエチルアミンによりある種の興奮や快感が得られるが、一つの恋愛でフェニルエチルアミンが分泌され続けることはないとされている。

恋愛中の人が恋人の写真を見ると、脳の快感をもたらす部位が活性化することがわかっており、逆に恐怖や悲しみ、攻撃的な感情を生じさせる部位は活性化しにくいこともわかっている。


恋愛教材(男性用)
恋愛教材(女性用)
美容系サイト