SVR理論

出会い、恋愛関係、結婚の三段階に分けてプロセスを立てたものをSVR理論と呼ぶ。

初期の刺激段階(Stimulus)は出会いから恋愛初期の時期であり、外見や声、性格や社会評価などから刺激を受けている状態である。

中期の価値段階(Value)は恋愛関係の時期であり、趣味や価値観などを共感、共有している状態である。ここでは価値観などの類似性が重要な要因となる。

後期の役割段階(Role)は結婚や共同生活を始める時期であり、相補的な関係性を築き二人の関係が一つになっている状態である。ここではお互いの役割を理解し、苦手な部分を補い合う関係性を築くことが重要である。


おすすめの書籍
恋愛教材(男性用)
恋愛教材(女性用)
美容系サイト
トップメニュー
物理学