ノンバーバルコミュニケーション

言語によるコミュニケーションはバーバルコミュニケーションと呼び、言語以外のコミュニケーションはノンバーバルコミュニケーションと呼ばれる。バーバルコミュニケーションとはもちろん会話であるが、ノンバーバルコミュニケーションはそれ以外の、声の状態や顔の表情、身振り手振りなどである。

相手が好意的かどうかの判断は、言葉よりも言葉以外の行動によって判断される場合が多く、ノンバーバル研究者によると、約9割がノンバーバルによるものとしている。その中でも顔の表情は大きな割合を占めている。

自分が相手に好意を持っていると伝えるには、言葉よりもノンバーバル行動によって伝えるほうが、相手に伝わりやすく効果的であるといえる。

アイ・コンタクト

会話中に相手を見る時間は一回約三秒程度で、お互いが見つめ合う時間は一回約一秒であると言われている。それ以上長く相手を見つめると、心理的な意味を与えることができる。長いアイ・コンタクトは相手に対する関心や感情を表しているため、言葉以外で自分の気持ちを伝える方法の一つとなるが、見つめ方によっては敵対心があると思われることもある。


おすすめの書籍
恋愛教材(男性用)
恋愛教材(女性用)
美容系サイト
トップメニュー
物理学